読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キノコの自省録

テクノロジーとコンテンツの融合を目指して

【日記】今から40年後の白昼夢

椅子に座りながらウトウトしていたとき、
ふと、自分が65歳くらいになってしまった、白昼夢を見た。
白昼夢、かどうかはわからないが、半分夢で、半分覚醒しているような状態だった。
その65歳の自分は、
妻や子もなく、
親兄弟もおらず、
趣味もなく、
情熱もなかった。
肉体は磨耗しており、
新しいことにチャレンジする気力もなかった。
この世から消え去ったとしても、
誰一人気づかないだろうと思った。
そこにあるのはただの孤独な老人だった。
決断すべきところで、必ず逃げていたせいでこうなったのだ、
と後悔していた。

パッと目が醒めたとき、
この孤独感に若干恐怖を覚えた。

後になって、
なんかビートルズにこんな曲があったな、と思い出した。
Nowhere Man, 邦題:ひとりぼっちのあいつ
He's as blind as he can be,
Just sees what he wants to see,
Nowhere man can you see me at all?

この曲は、Rubber Soulに収録されている。
Rubber Soulは本当にいいので、
1人1Rubber Soulでもいいと思う。