キノコの自省録

テクノロジーとコンテンツの融合を目指して

備忘録 - Android PlatformをCentOSでビルド

Ubuntuの場合は公式サポートしているおかげで、
http://source.android.com/source/download.html
↑に書かれているパッケージをapt-get installすればいいので楽なのですが、
自宅のLinuxCentOSのため、yumでのパッケージ名がわからずに無駄な苦労をしました。
検索しても日本語ページがさっぱり引っかからないので、メモ書きしておきます。


・git
 yumのデフォルトリポジトリには存在しないので、DAGを追加。
 参考 http://d.hatena.ne.jp/uk_oasis/20090807/1249633626


・JDK5
 なぜか1.6.0と1.4.2という的を外したバージョンが入っているので、
 1.5.0をインストールしてalternative --config java
 AndroidはSunのJavaを推奨しているので、SunのJavaをインストールする方がベター。
 Sunからダウンロード可能。
 ちなみにfroyo以降なら1.6でいいはず。


flex, bison, gperf, curl
 これらはyumでも同じパッケージ名。
 つまり、yum -y install flexとか。


・libsdl-dev: SDL-devel
・libesd0-dev: esound-devel
・libwxgtk2.6-dev: wxGTK-devel
・zlib1g-dev: zlib-devel
・libncurses5-dev: ncurses-devel
・build-essential: たぶんgcc-g++だけで十分なはず

 なお、バージョンを指定する場合は、
 yum install wxGTK-2.6.3
 などのように、明示的に指定するとインストール可能です。