キノコの自省録

テクノロジーとコンテンツの融合を目指して

Seraph Flightとデザイン比率計算機をアップデート

Seraph Flightとデザイン比率計算機をアップデートしました。
アップデートしてから2週間くらい経過しているので今更ではあるのですが。


デザイン比率計算機は、
雑なコーディングのせいで計算誤差が大きくなってしまった問題と、
2等分の追加が大きな変更点です。
自分で使ってて、値を半分にしたくなることが良くあったので追加しました。


Seraph Flightは、ピッチ調節できるようにしました。
キーを1つ上げ下げするごとに、上限/下限が55Hz移動します。
デフォルトでは、一番上が約600Hz,一番下が約200Hzです。
キーを-2にすると一番下が90Hzくらいになるので、
相当低い声の持ち主じゃないと一番下まで移動させられないと思います。


また、Seraph Flightの英語表記を変更しました。
旧)Seraph Flight - Angel's Voice Flight
新)Seraph Flight - Angel's Hamming Flight
変更した理由は以前のエントリで書いたとおり、登録商標を侵害している警告を受けたためです。
iOSアプリは全世界に配布することもあって、
こういった事案がどの国から発生するかわからないので、若干怖いですね。
特許もちょっと心配です。
私は特許技術者でもあるので、特許については一応理解しているつもりですが、
それでも日本ならともかく海外から何か言われたら対処しきれる自信が正直ありません。