キノコの自省録

テクノロジーとコンテンツの融合を目指して

パーティクルで魔法エフェクト(3) - 氷魔法編

関連記事 パーティクルで魔法エフェクト(1) - 炎魔法編 - キノコの自省録 パーティクルで魔法エフェクト(2) - 光魔法編 - キノコの自省録 ウィッチクライドでは、いくつかの魔法をParticle Systemを使って表現しています。 今回は氷魔法を紹介。 氷魔法概要 …

パーティクルで魔法エフェクト(2) - 光魔法編

関連記事 パーティクルで魔法エフェクト(1) - 炎魔法編 - キノコの自省録 ウィッチクライドでは、いくつかの魔法をParticle Systemを使って表現しています。 今回は光魔法を紹介。 光魔法概要 ウィッチクライドの攻撃魔法は、エフェクトを詠唱の長さに応じて…

ソフト屋の技術区分

どうも非ソフト・非技術サイドからだと、一口にソフト屋といっても、いろんな人がいることがわかりにくいようです。というか、ソフト屋でもよくわかってないことが多い気がします。 ソフトと一括りにしてしまうと、組み込みでドライバー作っている人に、「We…

X分音符の時間長と音階周波数の計算メソッド

YMZ294を弄っていて必要になったので、公開しておきます。これ使って風色メロディ鳴らすことができたので、たぶん合っていると思います。 今Raspberry piで遊んでいるので、コードはpythonです。 # ymz294_util.py # -*- coding:utf-8 -*- __scale_freq = []…

YMZ294のエンベロープについて

ちょっぴりとっつきにくいYMZ294のエンベロープについて。 YMZ294には、音量を増減させるためのエンベロープ機能が用意されています。音量だけなので、今ならソフトウェア的に強引に変えたり、回路工夫すればこれ使わなくても表現できますけど、せっかく用意…

YMZ294で音が鳴らないときのチェック項目

一通り鳴らないやらかしをやったので、備忘録的に。 配線は間違っていないか YMZ294以前の話というか基本中の基本ですが、何しろ線が多いので、よくミスります。例えば、Arduino NanoでPORTDを使用する時、D0とD1を逆にしないよう気を付けましょう。 また、…

Raspberry piでYMZ294を鳴らす

ArduinoでYMZ294を鳴らした記事はよく見ますが、Raspberry piで試した人は見当たらなかったので試してみました。 ちゃんと鳴ります。 3.3V問題 Raspberry piのGPIOは3.3Vです。YMZ294は基本5V動作っぽいので、3.3Vで大丈夫か、と思ったのですが、大丈夫でし…

パーティクルで魔法エフェクト(1) - 炎魔法編

ウィッチクライドでは、いくつかの魔法をParticle Systemを使って表現しています。 今回は炎魔法を紹介。 【ニコニコ動画】【自作ゲーム】自分で魔法を作って、自ら詠唱して魔法を放つゲーム 動画の1:02あたりで、炎魔法が発動しています。火炎弾ですね。手…

魔法詠唱ゲーのキャラデザ遷移

今回はゆるく、ウィッチクライドのキャラデザ遷移を紹介するなど。 ウィッチクライド ~君の声が魔法となる~を App Store で 【ニコニコ動画】【自作ゲーム】自分で魔法を作って、自ら詠唱して魔法を放つゲーム バージョン1 一番最初に描いたバージョンで…

規模の大きな個人ゲームを作る時に大切だと思ったこと

ウィッチクライドを開発して感じたことです。 ウィッチクライドはこちら。 ウィッチクライド ~君の声が魔法となる~を App Store で 【ニコニコ動画】【自作ゲーム】自分で魔法を作って、自ら詠唱して魔法を放つゲーム 個人開発だと、思いついたまま適当に…

個人での特許出願のために必要なプロセス(4) - 出願編

残すは出願のみです。 個人での特許出願のために必要なプロセス(1) - 識別番号取得編 - キノコの自省録 個人での特許出願のために必要なプロセス(2) - 提案書作成編 - キノコの自省録 個人での特許出願のために必要なプロセス(3) - 出願費用の支払…

個人での特許出願のために必要なプロセス(3) - 出願費用の支払い編

続き 個人での特許出願のために必要なプロセス(1) - 識別番号取得編 - キノコの自省録 個人での特許出願のために必要なプロセス(2) - 提案書作成編 - キノコの自省録 1. 特許庁のWebページから、電子出願サポートソフトをダウンロードしてインストール…

個人での特許出願のために必要なプロセス(2) - 提案書作成編

前回の続き 個人での特許出願のために必要なプロセス(1) - 識別番号取得編 - キノコの自省録 1. 特許庁のWebページから、電子出願サポートソフトをダウンロードしてインストールする 2. 電子証明書をゲットする 3. 申請人登録を行い、識別番号を取得する …

個人での特許出願のために必要なプロセス(1) - 識別番号取得編

去年、ウィッチクライドネタで特許を個人出願したので、そのお話をたぶん3回くらいにわけて記述しようと思います。 あ、ウィッチクライドはこちらです。プレイしてね。 ウィッチクライド ~君の声が魔法となる~を App Store で インターネット出願の流れ 初…

AIビジネスに騙されないために1つだけおさえておきたいポイント

昨今、AIビジネスが盛況です。猫も杓子もAIです。 そのおかげで、「ウチはAIやってます。アドバイスできます。」とか、「ウチはAIのツールを作っています。使ってください。」とか、 そういう類の営業を結構うけました。 いろいろ話を聞いているうちに、AIが…

予約投稿とPixivの貼り付けテスト

息抜きがてらに智絵里をドロー。 予約投稿とPixivの貼り付けテスト。 www.pixiv.net

シアーハートアタックの状態遷移設計

ラズパイで作ったシアーハートアタックの状態遷移がどうなっていて、どう実現しているのかというソフトウェアサイドのお話です。 ソフトウェアの話はいいかーと思っていたのですが、そりゃ自分がソフト屋だからかなあと思い直して文章を書いた次第。 シアー…

Raspberry piを乗っけて超信地旋回する

この前作ったシアーハートアタックは、熱源探索するために、その場で回転する動作をプログラムしています。 kinokorori.hatenablog.com キャタピラの旋回 そもそもキャタピラで旋回ってどうやるのか、これ作る前は知らなかったんですが、片側のキャタピラを…

MLX90614をRaspberry piで使う

前回紹介したシアーハートアタックの熱源探知には、赤外線温度センサーを使用しています。 赤外線温度センサーは、非接触で対象物の温度を測ることのできる温度計です。 kinokorori.hatenablog.com 今回使用したのは、MelexisのMLX90614という赤外線温度セン…

熱源に向かって自走するシアーハートアタックを作った

ジョジョの奇妙な冒険第4部に登場する、遠隔操作型のスタンド「シアーハートアタック」を自作しました。 シアーハートアタックとは 吉良吉影のスタンド「キラークイーン」の左手から発射される爆弾戦車 脚はキャタピラ 熱源に向かって自動追尾する 丸っこい…

ユーザーストーリーマッピング - Jeff Patton

今年読んだ本の紹介その2。 ユーザーストーリーマッピング - Jeff Patton https://www.amazon.co.jp/dp/4873117321 素晴らしい本です。超おすすめしておきます。 これは、アジャイル開発手法である、”スクラム”の最初に行う「ユーザストーリー(マッピング…

フーリエ変換のナイキスト周波数についてもう少し

音(声)の高低を検出する方法を真面目に書く http://d.hatena.ne.jp/kinokorori/20130328/1364469421この記事に最近ナイキスト周波数について記述を追加しました。 ……追加しましたが、ちょっとだけのつもりが長くなった割に説明不足で、 なんだかよくわから…

今年読んだ本 - Effective Modern C++

C++

ブログの更新をサボり過ぎということで、リハビリついでに2016年に読んだ本を適当に紹介。今回はEffective Modern C++ https://www.amazon.co.jp/dp/4873117364評価の通り、良い本でした。 内容紹介C++プログラマから絶大な支持を集めるC++界のカリスマ、ス…

デッサン用ミラーカメラ ver1.3.0をリリースしました

デッサン用ミラーカメラver1.3.0をリリースしました。 2回画面をタップすると、一時停止するようになりました。 あと、デザインをアイコン含めて見直しました。 UIはほとんど弄っていません。https://itunes.apple.com/jp/app/id637583972?mt=8 今回の一時停…

Witch Cried反省会

Appliv様にWitch Criedを紹介していただきました。 http://app-liv.jp/1104623991/ それにしても、使用環境も利用者も限られる、 ニッチ中のニッチアプリなので、DL数は相当厳しいものになるだろうと予想はしていましたが、予想以上でした。 大苦戦。 1日で…

Witch Criedについて 音声認識編

プレイ環境が超限られるゲーム「Witch Cried」の音声認識についてのお話し。 最近では、Google音声認識やSiriを始め、音声認識エンジンの競争が活発化しています。 このような既存の素晴らしい音声認識エンジンがあるので、 こういうゲームを作る場合、当然…

Witch Criedについて 企画編

現在まったく認知されていないゲーム「Witch Cried」について、しばらく思いのたけを書き連ねていこうと思います。 前置き「魔法について」 Witch Criedは、マイク入力で魔法を作り、マイク入力で魔法を発動させるゲームです。 詠唱魔法は長ければ長いほど強…

自分の声で魔法を詠唱するゲームをリリースしました。

Witch Cried 自分で魔法を作って、自分で詠唱するゲームです。 ファイアーでもアイスストームでもドラグスレイブ全文でもシンフォギアの聖詠でも(たぶん)入力できます。 魔法契約 予め自分の声を吹き込むことで、魔法を契約します。例えば「ファイヤー」と…

iPhone6sでシャウトアラームが鳴らない!という方へ

iOS

叫んで止める!目覚まし時計シャウトアラーム iPhone6sに機種変更したら、シャウトアラームが設定時刻になっても鳴らなくなった!バグだ!という方へ。 iPhone6sのiOSバージョンをアップデートしてください。 デフォルトでインストールされているバージョン(…

イラストを描くようになったきっかけと、自分の絵の描き方

近況。最近ゲームを作っています。 ゲームってイラストを調達しなければならないので結構大変です。 ということで、最近は良く絵を描いています。 そもそも絵を描くようになったのは、 アプリやゲーム作るのに絵を用意しなければならないことが多いので、 こ…